トップページ > 記事閲覧
「相模原事件」をきっかけに共に考える勉強会のお誘い
日時: 2017/03/21 15:30
名前: 安仁屋衣子



「相模原事件」をきっかけにして共に考える、自問する
              気づかされたこと、考えさせられたこと、
                           そして問われていること

                 COMHBO  島田 豊彰さん 

             

今回の講師の島田さんはCOMHBO(COmmunity Mental Health &welfare Bonding Organization 地域精神保健福祉機構)で活動をしています。

 2016年7月26日に「相模原事件」が発生し、COMHBOは同日に緊急要望書を提出しています。要望書では「生命は存在するだけで価値がある」という当たり前のことが活動の根拠であり、多様性の社会こそが優生思想に対する有効な対抗策であること、犯罪予防に精神科医療が利用されることに対する断固たる反対の意思を掲げています。今回は、COMHBOの普段の幅広い活動を受けて意見交換をしたいと思います。


東京ソーシャルワークは、今後の月例みーてぃんぐにおいて、連続企画としてこの問題を順次とりあげてゆく予定です。
このテーマに関心のある方は、どなたでもお越しください。


日時  2017.3.25 (土)  午後1時30分開場
               午後2時 開始

会場  千駄ヶ谷荘 2階 会議室 渋谷区千駄ヶ谷5-34-3  
   JR新宿駅南口5分 高島屋前から野村證券とH.I.S.の間を入る。
      

資料代      500円

問合せ先   厚生中央病院   MSW   安仁屋   03−3713−2141
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存