震災支援タイトル

一般社団法人 東京都医療社会事業協会  No.48   2017.10.2

災害支援ニュース
つたえる
心をつたえる…様子をつたえる…事実をつたえる…手立てをつたえる…気持ちを伝える

 7月の九州北部豪雨以降、秋田県や大分県など各地にて災害が頻発しています。被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 この間、日本医療社会福祉協会の担当者と連絡を取る等、図っていますが、災害時、全国のMSW協会が迅速に連絡を取り合えるシステムを造る必要性があることを常々実感します。出来るだけ早い段階で備えを整えてゆければと望んでいます。
  当協会としての今後の活動ですが、災害支援対策委員会において協議を重ねながら準備を進めています。 予定としては、「災害支援研修会」や「振り返り会」、「災害時マニュアル・ガイドラインの策定」「災害訓練」などを計画しています。詳細が決まり次第、随時ご報告致します。

[1] 内閣府「大規模災害時における被災者の住まいの確保策に 関する検討会」報告

 今年3月に開催した大規模災害対策講演会において講師の津久井 進先生は、「弾力的に使わなければ被害がむしろ拡大してしまう災害救助法の限界」「在宅被災者、原発被害による長期避難者などが被災者支援の枠組みから漏れてしまう」ことなど、現行の災害法制の課題について指摘されました。
 そのような現状の中、内閣府の「大規模災害時における被災者の住まいの確保策に関する検討会」報告が8月に発表されました。
 この検討会は、大規模災害による住まいの不足、広域避難、そして被災自治体の負担増加の問題に的確に対応し、被災者の住まいの迅速な確保、住宅再建・生活再建を円滑に進めるため、2016年11月に設置されています。
 今回の報告にて特筆する点は、
「被災者の住まい等に関するニーズを把握するための総合相談窓口の設置」
「平常時における福祉の体制を活用した、被災者の見守りの実施」
「適切な再建方法や移転先に係る個別の相談対応の充実」など、
「被災者一人ひとりの状況に応じた適切な支援」という視点で検討されていることです。
 報告書の詳細に関しては、内閣府のホームページにて掲示されているので、ご参照ください

http://www.bousai.go.jp/kaigirep/hisaishasumai/index.html
 
 今回の報告が単なる書面だけで終わらず、実際に形となるよう当協会も職能団体として今後も注視してゆかなければなりません。

[2] 書評「大災害と法」(津久井 進 著 岩波書店 2012)

小林直毅(災害支援対策委員会 副委員長)

 寺田寅彦が、関東大震災の後に「天災は忘れたころにやってくる」と語ったと言われているが、近年世界各地で様々な災害が起きている。しかし、東日本大震災以降、私的には忘れる前に災害がおきており、災害ニュースを観るたびに、「何か出来ることはないか」「被災地はどういう状況なのか」と考えるが、実際は何も動けない自分に嫌気をし、何度となく葛藤を繰り返す。
 同じような葛藤を持つ方、災害支援に関心を持ち始めた方に是非手にとってほしい一冊が『大災害と法』(著者;津久井進)である。
 著者は、阪神・淡路大地震以来、法律相談活動を通して災害問題に取り組み、被災者の声を聞き、様々な復興の過程を見ている。 本書は、災害に関する法律について、1)歴史的な流れ・制度的な仕組み、2)災害サイクルの段階、3)社会的課題という3つの視点で構成され、理解しやすくなっている。
 本書の中で、「災害の反省や教訓を後世に残すために英知を集めた結集が法律である」という一節がある。この一節のように、災害関連法について学ぶことは、その歴史を知ることができ、備えとなり、相談援助活動の際に必要な知識となり、被災者の生活再建の助けになるでしょう。
 今にでも始められる支援活動をはじめてみませんか?

[3] 日本医療福祉協会「災害福祉支援活動基礎研修2017」 のお知らせ 

 日本医療社会福祉協会主催による、「災害福祉支援活動基礎研修」が昨年に引き続き開催されます。なお、当協会も共催団体として関わっています。全国4か所にて開催されますが、東京会場は2018年1月27日・28日です。
 申し込み方法や詳細なプログラムに関しては、日本医療社会福祉協会のホームページをご参照下さい。
http://www.jaswhs.or.jp/training/information_detail.php?@DB_ID@=515

 

 「つたえる」では、会員の皆様からのご意見を募集しております。震災と、その支援に関しての経験、意見や想い、伝えたいことなど、是非お寄せ頂ければ幸いです。字数など、特に細かい制限はございません。
 ご寄稿下さる方は、都協会事務局にご連絡の程、よろしくお願い致します。
 過去のバックナンバーは当協会のホームページにて閲覧可能です。

発行 一般社団法人 東京都医療社会事業協会 災害支援対策委員会
〒170-0005 
東京都豊島区南大塚3-43-11 福祉財団ビル5F
電話・FAX : 03-5944-8912
Mail:
ttn82yj27c@mx10.ttcn.ne.jp