トップページ > 記事閲覧
相模原事件判決に思う
日時: 2020/03/17 14:45
名前: 武山ゆかり

結審しましたが…釈然としない思いが残ります。
もちろん「死刑そのものの是非についての意見もありますが、それより、事件の起きた背景や被告の底に至った考えについての掘り下げや、社会の障害者感の実態や分析について、議論、社会の意見交換、調査研究がされつくしていないように思えます。神戸の少年事件の時もそう思いましたが、あの時は少年事件であったこともあり、難しい問題だったのかと思いますが、やはりほんの出版など後に引く問題がありました。今回も、彼の書いた漫画など、まだ「どうなの?」と思うことや、介護労働の問題など、裁判所の役割は果たされているの?と思えるのです。いえ、裁判所だけでなく、福祉に関わる私たち自身の仕事の問題としても、私たちももっと考えたり意見を届けたりしなければいけないのでは?と思っていますが、皆さんどう感じられましたか?
メンテ

Page: 1 |

題名 スレッドをトップへソート
名前
E-Mail
URL
パスワード (記事メンテ時に使用)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
コメント

   クッキー保存